幸運ドッグサロン

人気記事ランキング

ホーム > 医療 > PMSと骨盤周辺の血流とのかかわり

PMSと骨盤周辺の血流とのかかわり

骨盤の傾きは腰周りの血の流れを悪くさせます。卵巣機能が衰えて、ホルモンバランスが異常をきたします。

 

ゆがみを正す体操やバランスボールを利用してみましょう。

 

 

歩行や筋肉を伸ばすストレッチなどの体内温度を上げる運動を日々継続すると、自律神経の乱れが整っていきます。

気持ちも上向きになり血流が良くなるのでむくみの解消にもつながります。排卵後から月経開始1週間後までは、またの名を愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌が増え、情緒が安定するようです。

 

 

 

かたや一方では幸福感を高める作用のあるセロトニンの分泌量は月経前に少なくなるため、オキシトシンの分泌量に対してセロトニンの減少量が大きくなると、PMSの様々な症状が現れるのだと考えられています。

 

月経前症候群とは、月経に関係していて定期的なリズムで心や体に様々な不調が生じることをいいます。

 

 

 

症状は月経になる2週間ほど前から出始め、排卵の後で黄体ホルモンが分泌される周期と重なっていており、月経が始まると治まっていきます。体に生じる不調は、吐き気や頭痛などの他にも色々あります。

精神面から生じる症状には、イライラやぼーっとするなどが挙げられます。

 

 

 

普段と比べて食欲が増したり、甘いものを食べたくなることもあります。月経の間は非常に体力を消耗することから、前もって本能的に体が栄養を多く蓄えておこうと判断するからです。

 

さらに、いつにも増して甘いものが欲しくなる時には、黄体ホルモンの働きから、糖の代謝に変化が起こり、血糖値の低下が多くみられるようになることも関連があるのではないかと言われています。

PMSの緩和にはビタミンやミネラルの服用が有効です。pmsサプリ人気商品は2つのタイプを選べる

 

栄養バランスを考えた食事は基本ですが、毎日、十分な栄養が取れていないと感じる方は栄養補助食品で補充することをお勧めします。

 

対して砂糖を使用した甘い菓子類は、体にとって大切なビタミン・ミネラルを消費し、心が苛立つ原因となります。お肌ケアは自分の肌を確認してその状態により使い分けることが大切です。365日全くかわらない方法でスキンケアを「お肌のお手入れはできている」と思いおこなえば全く問題ないということはありません。

 

 

 

今日は乾燥ぎみかな?と思えばたっぷりと保湿をしてあげたり生理前などの体の状態にもあわせ刺激の強い方法は使わないというように変化させていくことが必要なのです。春夏秋冬でお肌の状態も変化していきますから方法を使い分けることもお肌のためなのです。

スキンケアの必要性に疑問を感じている人もいます。いわゆるスキンケアを何もせず肌由来の保湿力を守っていくいう姿勢です。でも、メイクをした場合、メイクを落とすためにクレンジングが必要になります。

もし、クレンジングした後、そのままにしておくと肌はみるみる乾燥していきます。週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、肌とよく相談をして、スキンケアすることをお勧めします。スキンケアにおいては、肌を保湿することやマッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。

 

ですが、お肌に内側からケアをするということももっと重要です。

 

食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、タバコを吸うといった生活をしていると、どんなに高価で優れた化粧品でも、充分に活かすことができません。

 

 

まずは生活習慣を見直すことが、体の中からお肌に働きかけることができます。